どうも元帥です(^^)/

Guiguさんが体育祭を終えてブログを書いていたので読んでいたのですがなんか感動しました。

社会人対戦クランの運営の大変さは良くわかります。その中でもGuiguさんは優しさがあり、みんなで強くなるという想いが強いクランだと思っています。

パォーンは割とセンスない奴ぁ他あたれ方式だったので愛が違うなと!!一生懸命色々な事を模索して自分達から盛り上げていこうという心意気感動しました。

b50a4efe

Guigu!さんの体育祭はこれからも頑張って欲しいので、自分も全力で応援させて頂きます!!

 

まぁほんとGuigu!さんの記事にも書いてありますが今40人以上の規模のクランですら15人対戦回すのがやっとのクランも数多く存在します。

そんな中で社会人クランは年齢縛りもあり集客も多くを見込めないのに、さらに社会人対戦クランとなるとかなり狭き門を突破せねばならなくなります。

その中での運営は決して楽な道ではないと思っています。

 

ただ、その分みんなと連携が取れ、息の合った気の合うメンバーだけで猛烈に盛り上がれるのも特権だと思っています。

自分は社会人対戦クランが好きですし、やっぱり40人対戦よりも20人対戦くらいが好きなわけです。そこで今回はパォーンが直面した避け難き難題でも話そうかと思います。

 

10・15人対戦に於ける個々の重要度は30やら40人対戦とは全く違うものがあると思います。

その中でもth分布は非常に重要な問題でしてうちはここの部分で非常にうまくできなかったなと思っています。

 

クラクラはやはり時間をかなり必要とするゲームなので、3年プレイしてもまだ9のカンストに届いていない人もいれば、3年ほどでth11がおおよそカンストしている状態の人もいます。

自分は割とヘビーユーザーの部類に入ると思うのですが、3年という年月でもまだ辿り着かないのがth11の入り口です。

hq720

このth11の何が問題かと言いますと、あなたのクランにth11が何人いますか?という話です。

もうすでに2人くらいいるよーってクランはそのまま問題なく運営を続けて行けばいいかと思いますが、th11が1人もいない!というクランはここから先にどうクランを運営していくか準備しておくと良いかもしれません。

 

初めてth11になるメンバーがリーダーであれば良いですが、そうでない場合プレッシャーがデカいのは当たり前で、しかも次のアプデでさらに強くなるth11はth10からの煮干し獲得が難しくなるそうです。

そうなるとth11はフォローの無い同格煮干し以上、更にth10を全壊というプレッシャーと戦わなければならないのです。

 

孤独のプレッシャーが強くなるとやはり誰でもth11が多いクランに行きたくなりますよね?戦い方もわからないし、1人だとプレッシャーもデカイし、仲間が欲しいですよね?

でもそういうメンバーはクランではかなりのアクティブメンバーなんですよね・・・・

そのアクティブメンバーを失う事になった時に、また失わないためにどういう対策をしておくかが大切だと思います。

 

メンバーそれぞれthの育ち方は違うので、クラン対戦の配分がどう変わって行くのかを考えて、th11が出そうなクランは今後の方向性を考えておくと良いかもしれません。

大した事じゃないようで、これが地味にデカいんですよね。そしてth9もそれなりに時間がかかるので、10のメンバーが急いで11にしようにも10が一人もいないクランになってしまったり、何より10があまり人気ないので割と早く駆け抜けて11に上がる方も多いのでどう考えていくかって大切な事かと思います。

 

とにかく少人数クランにとってthバランスはとっても難しい問題になってくると思います。

対戦のマッチングがまともじゃ無さ過ぎてモチベーションが上がらなかったり、どんなに努力しても新規が来なかったり、来ても馴染めなかったり、イベントに出るエネルギーが足りなかったり。

そんな中でも皆必死になってクランを支えている事かと思います。この記事が少しでも役に立てたらいいなーと思います。

 

やっぱりクラン解散すると寂しいですからね。みなさんファイトです!!

小規模クランのth11への考え方
パォーンリンク
↑タップしてパォーンへ行こう!